引越しの見積もりは業者との交渉次第である。個人的にアリさんマークの引越社はおすすめ。社員教育がしっかりされている。

引越し見積もりを活用しよう

出してもらうだけではなく…

引越しの際に見積もりを出してもらうのは、言うなれば引越しの「一歩目」と言っても良いのではないでしょうか。
確かに見積もりを出してもらう事で、予算を知れるのはもちろんですが、業者に対しても「これから利用しますからね」とアナウンスするような役割を担っている部分もあるでしょう。

ですので、見積もりを出してもらう事はとても大切なものではあるのですが、一方で見積もりは見積もりです。
見積もりを出してもらったからといって必ずその業者を利用しなければならないものではないのです。
どうしてもその業者を活用しなければならないのかと疑問を抱いてしまう人もいるかもしれません。

ですが実際にはそのような事はありません。
見積もりを依頼したものの、思っていたものと違うのであれば、正式に依頼する必要はありませんからね。
その際、見積もりを活用する事もとても大切になってきます。
業者からすれば、見積もりを依頼してくれたのだから引越し作業だって依頼してくれるのではないかとも思うでしょう。

ですが、いろんな業者に見積もりを行ってもらう事で、価格が適正なのか。
自分自身の引越しの相場も見えてくるのではないでしょうか。
一社だけに依頼しただけでは相場が解りません。
提示された価格が高いのか安いのか解らないですよね。

ですが、比較してこそ初めてその価格が安いのか高いのかが見えてくるでしょう。

引越し準備で出る不要品は出来るだけ早めに処分すること

また、見積もりをしてもらったものの、「どうしようか迷っている」という姿を出せば、値引きですとか、値引きしてくれないまでも新しいサービスを提供してくれたりといった事もあるでしょう。
引越し業者の数は増えています。
おかげで競争がとにかく熾烈なものとなっていますので、いろいろなサービスを行ってくれるものです。

交渉力も?

あれこれ交渉してみる事で、引越しの費用そのものはもちろんですが、いろんな部分でサービスしてくれる可能性だってあるのです。
ダンボールの枚数ですとか、引越しの際の資材の提供。

引越し業者としても価格を下げる事は出来ないまでも、サービスを手厚いものにしてくれる事は可能だったりしますので、そのために見積もりを活用してみるのも良いのではないでしょうか。
大まかな費用を知れるものであると同時に、交渉材料として役立たせる事だって可能なのです。

見積もりを「活用」する事だって出来ます。
引越し業者が増えているおかげで、見積もりが「交渉材料」になってくれる時代になったと言っても決して過言ではないのです。

引っ越し業者に差し入れする効果

・差し入れは必要?

引っ越し作業を行ってくれる引っ越し業者の存在というのはとてもありがたいものがあるのではないでしょうか。
それもそのはず、業者がいなければ引っ越しがままならないと言っても決して過言ではないでしょうからね。

業者に依頼しなければ自力で引っ越しを行わなければならないのですが、それはなかなか簡単なものではありません。
ノウハウがなければなかなか簡単に行えるものではありませんし、仮にノウハウがあったとしても、資材や体力等も必要になってきますので、なかなか自分で行なえるものではありません。

そんな引っ越し、業者はとてもありがたい存在ではありますが業者だって人間です。
お仕事で引っ越し作業を行なってくれるとはいえ、やはり気持ちの問題があるのも事実です。

気分が悪いから質が落ちるという事は本来あってはならない事ではあるのですが、反面、気分が良ければ質が高まる事もあるものです。
どのような状況であっても同じクオリティで作業を行わなければならないのは言うまでもありません。ですが、やはり気分が良い時というのは作業も捗るものです。

そこでです。引っ越し業者の作業員に差し入れをしてみるのも良いでしょう。
例えばお弁当を出してあげたりですとか、出前を取ってあげたり。
飲み物を提供するのも良いでしょうし、昼ごはん代を渡してあげるのも良いでしょう。

ここでポイントになってくるのは作業前に行うべきという点でしょうか。
そろそろ作業も終りという時に差し入れをしても、気分が高い状態で作業を行う時間が短いですからね。

ですが例えば朝一で「昼ご飯どうするの?」と聞き、お小遣いを渡す。あるいは「じゃあお弁当を頼んでおく」といった事を伝えておく。
恩着せがましいと思われるかもしれないでしょうが、そのくらいの方が作業員も気を使ってくれるものです。

・作業員も人間ですしね

ですから、差し入れは無駄なものではありません。
むしろ作業クオリティを高めてくれるものです。
少々の出費で素晴らしい効果を得られると考えたら、何ら悪いものではないのではないでしょうか。

むしろそれを惜しんでしまったがために作業員の応対がイマイチ悪い。
荷扱いもどこか不安に思えてくる。
そのようなケースも珍しくありませんので、こうした点も知っておくと良いでしょう。引っ越し作業員も人間です。

嬉しいと思ったら、やはりそれなりに気遣いを返してくれるものです。
「お客なのに」と思うかもしれませんが、引っ越し業者に依頼する目的は威張りたいためではないはずです。

 

特集コーナー
粉砕機の株式会社カルイ
プロパンガス料金.com
赤ワインのSADOYA

 

この夏一押し!tmakerではTシャツを少ない枚数から製作可能
クラスTシャツ